情報公開制度

2018年4月1日

情報公開制度は、より開かれた村政を目指し、村が保有している様々な行政情報や村の業務、仕事の内容を皆さんの請求に応じ、原則として公開する制度です。

公開を請求できるかた

  • 村内に住んでいるかた
  • 村内に事務所や事業所を持っている個人や企業など
  • 村内の事務所や企業に勤務しているかた
  • 村内の学校に在学しているかた
  • 村の事務事業に利害関係のあるかた

公開請求の対象となる村の実施機関

情報公開を行う実施機関は、次の通りです。

  • 村長
  • 議会
  • 教育委員会
  • 選挙管理委員会
  • 公平委員会
  • 農業委員会
  • 固定資産評価審査委員会
  • 監査委員

公開請求できる情報(公文書)

平成15年4月1日以降に村の職員が職務上作成、取得し、保有した次のものになります。

  • 文書
  • 図画
  • 写真
  • フィルム
  • 電磁的記録(フロッピーディスクやCD-ROMなどのような電子的方式、磁気的方式、その他、人の知覚によっては認識することができない方式で作られた記録)から出力または採録されたもの

公開できない情報

すべての情報が公開できるわけではなく、次のような情報が記録されている公文書は、原則として非公開または一部開示となります。

  • 法律などにより公開することができない情報
  • 個人に関する情報(事業を営む個人のその事業に関する情報は除く)
  • 法人などの企業収益が損なわれる恐れのあるもの
  • 公共の安全と秩序に支障を及ぼすおそれのある情報 
  • 国、県などの協力関係を損なうおそれのあるもの
  • 公開すると公正な判断が出来なきなるおそれのある情報

なお、期間の経過により公開できるようになるものもあります。

請求の手続き

役場窓口に氏名、住所、行政文書の内容などを記入した請求書を提出します。

開示請求書

費用

公文書の閲覧・視聴

無料

公文書の写し(コピー)

白黒 1枚につき20円
カラー 1枚につき50円

郵送などによる受領

写しの交付費用とその送付にかかる費用

公文書公開方法

開示・不開示の請求から決定までの期間

公開請求があった日から15日以内に開示か不開示かの決定をし、請求者に通知します。(適正な理由があるときは、決定するまでの期間を延長する場合があります。)

公開の決定

通知を受けた場合指定された日時・場所で行政情報を閲覧することや写し(コピー)の交付を受けることができます。

不服申立て

不服があるときは、実施機関に対して不服(異議)申立てをすることができます。この場合、情報公開審査会において公平な審査を行います。また、不開示決定があったことを知った日の翌日から60日以内に実施機関に対して不服申立てをすることができます。その後、審査会に諮問し、その答申を尊重し改めて公開の可否の決定を行います。

公開までの主な流れ

  1. 請求者が請求書を総務課へ提出
  2. 総務課で受付
  3. 村の内部で協議し、公開請求から15日以内に公開の可否の決定を行う(決定までの期間延長することがあります)
  4. 公開決定などをした場合、速やかに決定の内容を請求者に通知
  5. 公文書の公開は、閲覧または写しの交付により行う
  6. 決定に不満がある場合は、その決定を知った日から60日以内に不服申立てを行う
  7. 不服申立てがあった場合、情報公開審査会において審査し、申立てに対する決定を行う
  8. 決定の内容を請求者に通知

お問い合わせ

忍野村役場 総務課

〒401-0592 山梨県南都留郡忍野村忍草1514(忍野村役場1階)

電話0555-84-7791 FAX0555-84-3717