介護保険料について

2018年8月3日

介護保険料のしくみ

介護保険料は40歳以上のみなさんから納めていただきます。

介護保険のサービス提供費用のうち、50パーセントは皆さんからの保険料で負担し、残り50パーセントは公費(税金)で負担しています。
公費(税金)の内訳は、国が約25パーセント、都道府県と市町村がそれぞれ12.5パーセントずつ負担しています。

介護保険の財源の内訳

  • 公費(税金) 50パーセント
  • 65歳以上のかたの保険料23パーセント
  • 40~64歳のかたの保険料27パーセント

40歳以上のみなさんが納める介護保険料は、国や自治体の負担金などとともに、介護保険を健全に運営するための大切な財源となります。

介護保険料の決めかた

介護保険料の決めかたは年齢によって2通りに分かれます。

  • 40歳から64歳のかた(第2号被保険者)の保険料
    加入している医療保険の算定方法により保険料が決まり、医療保険料に上乗せして納めます。
  • 65歳以上のかた(第1号被保険者)の保険料
    介護保険料は、ご本人の前年の所得金額および世帯の村民税課税状況により9段階に分かれています。

平成30年度から平成32年度までの第1号被保険者の介護保険料は次のとおりです。

所得段階対象となるかた保険料
保険料率年額(*1)
月額
第1段階 生活保護受給者、老齢福祉年金受給者、または世帯全員が住民税非課税でかつ本人の年金収入が80万円以下の人 0.50 28,810円
2,401円
第2段階 世帯全員が住民税非課税で、前年の合計所得金額と前年の課税年金収入額の合計が120万円以下の人 0.75 43,210円
3,601円
第3段階 世帯全員が住民税非課税で、本人の課税年金収入金額と合計所得金額の合計が年間120万円を超える人 0.75 43,210円
3,601円
第4段階 本人が住民税非課税で世帯の中に住民税課税者がいる人で、本人の課税年金収入と合計所得金額の合計が年間80万円以下の人 0.90 51,860円
4,322円
第5段階
(基準)
本人が住民税非課税で世帯の中に住民税課税者がいる人で、本人の課税年金収入と合計所得金額の合計が年間80万円を超える人 1.00 57,620円
4,802円
第6段階 本人が住民税課税で合計所得金額が120万円未満の人 1.20 69,140円
5,762円
第7段階 本人が住民税課税で合計所得金額が200万円未満の人 1.30 74,900円
6,242円
第8段階 本人が住民税課税で合計所得金額が300万円未満の人 1.50 86,430円
7,203円
第9段階 本人が住民税課税で合計所得金額が300万円以上の人 1.70 97,950円
8,163円

(*1)10円未満は切り捨てです。

また、給付費に対する5割の公費負担とは別に公費を投入し、次のとおり低所得者のかたの保険料が軽減されます。

期間対象となる所得段階保険料基準額に対する保険料率月額年額
平成30年4月~平成32年3月 第1段階 0.50 → 0.45 2,161円 25,930円

 

介護保険料の納付方法について

第1号被保険者(65歳以上のかた)

以下の2つの納付方法のいずれかとなります。

特別徴収

受給している老齢(退職)年金・遺族年金・障害年金などが、年額18万円以上のかたは、年金から天引きになります。
保険料の年額が、年金の支払い月に年6回に分けて天引きになります。

平成30年度 介護保険料納期限一覧表(特別徴収)

 仮徴収(*2)本徴収(*3)
4月 6月 8月 10月 12月 2月
期別 第1期 第2期 第3期 第4期 第5期 第6期
年金引き落とし日 15日 15日 15日 15日 15日 15日
保険料納付日 5月10日 7月10日 9月10日 11月12日 1月10日 3月11日

(*2)前年度から継続して年金から差し引かれている人は、前年の所得が確定するまでは、仮に算定された保険料を納めます。
(*3)確定した年間保険料額から、仮徴収分としてすでに納めた分を差し引いた金額を、各納期に分けて納めます。

特別徴収のかたでも次のように、一時的に普通徴収(納付書)で納める場合があります。

  • 年度途中で65歳になったとき
  • 年度途中で特別徴収対象年金の受給が始まったとき
  • 年度途中で他の市町村から転入したとき
  • 年度途中で所得段階(年額保険料)が変わったとき
  • 年金が一時差し止めになったとき  など

普通徴収

受給している老齢(退職)年金・遺族年金・障害年金などが、年額18万未満のかたは、納付書で納めます。
忍野村から送られてくる納付書により、取り扱い金融機関で納めます。
納付日までに納付されない場合には、役場から督促状を発送します。必ずご確認ください。

平成30年度 介護保険料納期限一覧表(普通徴収)

 介護保険料納期限
(休日の場合、次営業日)
督促発送日
(休日の場合、前日)
1期 平成30年7月31日 平成30年8月17日
2期 平成30年10月1日 平成30年10月19日
3期 平成30年11月30日 平成30年12月19日
4期 平成31年1月31日 平成31年2月19日
随時分 平成31年2月28日 平成31年3月19日
随時分 平成31年4月1日 平成31年4月19日

4月以降分については7月当初課税時に一括発送します。

口座振替について

普通徴収のかたで口座振替を申し込むには、預金通帳、通帳届出印を持参して、金融機関またはゆうちょ銀行(郵便局)の窓口でお申し込みください。
なお、各期とも前月の20日が申込期限となっています。
納期ごとに金融機関に行く手間が省け、納め忘れもなく便利です。

第2号被保険者(40歳から64歳のかた)

医療保険分の保険料に介護保険分の保険料を上乗せして納めます。

保険料の滞納について

特別な理由がないのに保険料を滞納すると、滞納期間に応じて給付の差し止めや利用者負担の引き上げなどが行われます。

1年以上滞納すると

利用したサービス費用をいったん全額自己負担しなければなりません。
後日、申請により保険給付分(費用の9割)が払い戻されます。

1年6か月以上滞納すると

利用したサービス費用はいったん全額自己負担し、後日、保険給付分の払い戻し申請をしても、一部または全部が一時的に差し止められます。

2年以上滞納すると

保険料を納めていない期間に応じて、利用者負担が3割に引き上げられます。
また、高額介護サービス費なども受けられなくなります。

介護保険は高齢者の介護を国民みんなで支える制度です。
誰もが安心してサービスをうけられるよう、保険料の納め忘れのないようにしましょう。

お問い合わせ

忍野村役場 福祉保健課

〒401-0511 山梨県南都留郡忍野村忍草1445-1(保健福祉センター内)

電話0555-84-7795 FAX0555-84-1036