ねたきり高齢者・認知症高齢者介護慰労金

2018年4月1日

忍野村では、ねたきり高齢者または認知症高齢者を介護している家族の身体的、精神的な苦労に報いるとともに、要介護高齢者の在宅生活の継続を図るため、高齢者を介護している家族に慰労金を支給しています。

高齢者の基準

ねたきり高齢者

障害高齢者の日常生活自立度のランクB2およびCに該当するかた

ランクB 屋内の生活は何らかの介助を要し、日中もベッド上での生活が主体であるが、座位を保つ。 1 介護なしに移乗し、食事、排泄はベッドから離れて行う。
2 介助により移乗。食事または排せつも介助。
ランクC 1日中ベッド上で過ごし、排泄、食事、着替えにおいて介助を要する。 1 寝返りはできる。
2 自力で寝返りはできない。

認知症高齢者

認知症高齢者の日常生活自立度のランクIIIおよびIVおよびMに該当するかた
ただし、当該高齢者がねたきり高齢者および認知症高齢者のいずれにも該当する場合は、ねたきり高齢者に該当するものとします。

III 日常生活に支障をきたすような症状・行動や意思疎通の困難さが見られ、介護を必要とする。 IIIa 日中中心 着替え、食事、排泄、排尿が上手にできない、時間がかかる、やたらに物を口に入れる、物を拾い集める、徘徊、失禁、大声、奇声をあげる、火の不始末、不潔行為、性的異常行動などが見られる。
IIIb 夜間中心 夜間を中心に上記の状態が見られる。
IV 支障をきたすような症状・行動や意思疎通の困難さが頻繁。常に介護が必要。
M 著しい精神状態や問題行動あるいは重篤な身体疾患が見られ、専門医療を必要とする。遷延性の意識障害などで、認知症高齢者の日常生活自立度が判断不能。

対象となるかた

ねたきり高齢者または認知症高齢者と同居して介護しているかたのうち、次のすべての条件を満たすかたが支給の対象となります。

  • 忍野村内に住所を有する介護者
  • 基準日現在ねたきり高齢者または認知症高齢者と同居している介護者
  • 次のすべての要件を満たす高齢者を、同一家庭において基準日前過去1年間にわたり常時介護した介護者
    ただし、介護者の3か月以内の入院は、過去1年間にわたり常時介護したものとみなします。
    • 基準日の属する年度の前年度4月1日現在65歳以上の高齢者
    • 基準日前過去1年間忍野村内に住所を有する高齢者
    • 基準日前過去1年間ねたきり高齢者または認知症高齢者である高齢者
    • 過去1年間に長期入院、施設入所がなかった高齢者を現に介護している家族(年間90日を超えるショートステイの利用を除く)

なお、基準日は当該年度10月1日となります。

支給金額

1世帯年額20,000円

申請

ねたきり高齢者・認知症高齢者介護慰労金支給申請書」に記入し、福祉保健課に提出してください。

お問い合わせ

忍野村役場 福祉保健課

〒401-0511 山梨県南都留郡忍野村忍草1445-1(保健福祉センター内)

電話0555-84-7795 FAX0555-84-1036