外国人登録制度の変更のお知らせ

2017年4月1日

平成24年7月9日から外国人登録法が廃止され、外国人住民のかたが日本人住民と同様に住民票に記載されることになりました。

詳細は以下をご確認ください。

主な変更点

  • 外国人住民のかたも住民票が作成されます。
  • 引越しの際は転出届が必要です。市区町村へ転出する場合、転出手続きを行って転出証明書の交付を受ける必要があります。引越し後に新住所の市区町村で転出証明書と「在留カード」または「特別永住者証明書」とパスポートを持参して転入届を行ってください。
  • 在留資格の変更や在留期間の更新、在留カードの更新、氏名や国籍等の変更手続きは入国管理局で行ってください。
  • 外国人登録法が廃止され、「外国人登録原票記載事項証明書」は発行できなくなります。過去の登録履歴(氏名・生年月日・国籍・居住地等の変更履歴および家族事項登録履歴)・上陸許可年月日・出生地などの証明が必要な場合は、法務省へ開示請求を行ってください。

住民票の作成

外国人住民のかたも住民基本台帳法の適用対象となり、日本人と同様に住民票が作成されます。外国人と日本人両方がいる世帯でも、世帯全員が記載された住民票が作成され、住民票の写しが発行されます。

作成対象者

  • 中長期在留者(在留カード交付対象者)
  • 特別永住者(特別永住者証明書交付対象者)
  • 一時庇護許可者または仮滞在許可者
  • 出生による経過滞在者または国籍喪失による経過滞在者

外国人登録証明書の切り替え

原則としてしばらくは現在の外国人登録証明書は有効ですが、順次切り替えの手続きが必要です。

特別永住者のかた

現在お持ちの「外国人登録証明書」は下記の有効期限までに住民課で有効期間更新申請を行い、「特別永住者証明書」に切り替えてください。

16歳未満のかた

16歳の誕生日まで

16歳以上のかた

旧外国人登録法に基づく「次回確認(切替)申請期間」の初日(誕生日)まで
ただし、旧外国人登録法に基づく次回確認(切替)期間が改正法施行日(平成24年7月9日)から3年以内に到来するかたについては、改正法施行日(平成24年7月9 日)から3年間

永住者のかた

下記の有効期限までに入国管理局にて在留カードに切り替えてください。

16歳未満のかた

2015年(平成27年)7月8日または16歳の誕生日のいずれか早い日まで

16歳以上のかた

2015年(平成27年)7月8日まで

特別永住者・永住者以外のかた

下記の有効期限までに入国管理局にて在留カードに切り替えてください。

16歳未満のかた

在留期間の満了日または16歳の誕生日のいずれか早い日まで

16歳以上のかた

在留期間の満了日まで

お問い合わせ

忍野村役場 住民課

〒401-0592 山梨県南都留郡忍野村忍草1514(忍野村役場1階)

電話0555-84-7796 FAX0555-84-3717