子宮頸がんの予防接種

2018年4月1日

子宮頸がんワクチン積極的勧奨差し控えについて

平成25年4月1日より子宮頸がん予防接種が定期予防接種になりましたが、平成25年6月14日厚生労働省より、子宮頸がん予防ワクチン接種後の副反応の発生頻度などが、より明らかになり適切な情報提供ができるまでの間、子宮頸がん予防ワクチンは定期接種とし継続するものの、積極的にはおすすめしないという勧告が出ました。
対象年齢内で、今後も接種をご希望されるかたは、有効性とリスクをよく理解した上で受けるようにしてください。
詳細は、「子宮頸がん予防ワクチンの接種を受ける皆さまへ」をご確認ください。

積極的な勧奨の差し控えに関する外部リンク

対象者

小学6年生、中学1~3年生、高校1年生の年齢にあたる女子

  • 対象年齢を過ぎると自費接種となります。

ワクチンの種類と間隔

子宮頸がんワクチンは2種類あります。種類によって間隔が違うので注意してください。
また、十分な接種効果を得るために、同一のワクチンを3回接種することが必要です。

ワクチンA(2価サーバリック)

  • 2回目は、1回目の接種から1か月以上間隔をあけて接種してください。
  • 3回目は、1回目の接種から5か月以上、かつ2回目の接種から2か月半以上間隔をあけて接種してください。

ワクチンB(4価ガーダシル)

  • 2回目は、1回目の接種から1か月以上間隔をあけて接種してください。
  • 3回目は、2回目の接種から3か月の間隔をあけて接種してください。

お問い合わせ

忍野村役場 福祉保健課

〒401-0511 山梨県南都留郡忍野村忍草1445-1(保健福祉センター内)

電話0555-84-7795 FAX0555-84-1036