架空請求詐欺

2018年4月1日

不特定多数の人に対して支払い根拠のない請求をして、お金をだましとる手口です。
債権回収業者や法律事務所などと称して架空の利用料をハガキや封書で請求します。また、携帯電話やパソコンの利用実態のない架空請求もあります。

対策

  • 身に覚えのない請求には料金を支払わないようにしましょう。
  • 一度支払ってしまうと、追加の請求をされる場合があります。このような請求が来たとしても支払わないようにしましょう。
  • ハガキなどに記載されている電話番号には連絡はしないようにしましょう。
  • 請求のハガキや電子メールなどの記録は保管しておきましょう。
  • 利用していないにも関わらず、悪質な取り立てにあった場合は警察に届けましょう。

お問い合わせ

富士五湖広域相談窓口 富士吉田市消費生活センター

電話0555-22-1577