後期高齢者医療制度保険料について

2018年4月1日

広域連合が定めた保険料率をもとに、被保険者全員が個人負担で納めます。

平成28・29年度の保険料率について

保険料率は2年ごとに見直され、山梨県内は統一の保険料率となります。

均等割額

40,490円

所得割率

7.86パーセント

毎年7月にその年度の後期高齢者医療保険料が決定されます。
後期高齢者医療保険料は前年中の年金や給与・農業・不動産といった収入に基づいて算定され、4月から翌年3月までの1年間分をそれぞれの納付方法に応じた納期回数で除した金額で各期納めていただきます。

7月の算定時に賦課対象とする被保険者はその年の7月1日までに資格を取得されているかたです。
またそれ以降の月に資格を取得した被保険者のかたには、取得月の翌月に通知書などを送付します。

保険料の軽減について

平成28年度から均等割5割軽減と2割軽減の対象が拡大されました。

軽減一覧表

後期高齢者医療保険料の軽減は次のとおりです。

均等割軽減(均等割額40,490円)

同一世帯内の被保険者および世帯主の総所得金額などに応じて軽減されます。

軽減割合判定方法軽減額軽減後均等割額
9割 基礎控除額(330,000円)を超えない世帯で、被保険者全員が年金収入800,000円以下(その他の所得がない)の世帯 36,441円 4,049円
8.5割 基礎控除額(330,000円)を超えない世帯 34,416円 6,074円
5割 基礎控除額(330,000円)+265,000円×世帯の被保険者数を超えない世帯 20,245円 20,245円
2割 基礎控除額(330,000円)+480,000円×世帯の被保険者数を超えない世帯 8,098円 32,392円
  • 基礎控除額などは税制改正などで今後変わることがあります。
  • 公的年金を受給されているかたは、均等割軽減判定時に150,000円控除されます。

所得割軽減

基礎控除額330,000円控除後の総所得金額が580,000円以下のかたは、所得割を2割軽減します。

被用者保険の被扶養者に対する7割軽減

被用者保険の被扶養者であったかたは、均等割が7割軽減され、所得割は課せられません。

お問い合わせ

忍野村役場 住民課

〒401-0592 山梨県南都留郡忍野村忍草1514(忍野村役場1階)

電話0555-84-7796 FAX0555-84-3717