予防接種スケジュール

2017年4月1日

主な予防接種と対応年齢や回数を一覧にまとめました。予防接種計画を立てる際、参考になさってください。
日本小児科学会が推奨する予防接種のスケジュールについては、「日本小児科学会が推奨する予防接種スケジュール(公益社団法人 日本小児科学会)」をご確認ください。

対象疾病
(ワクチン)
対象年齢標準的な接種年齢回数間隔方法備考
B型肝炎
(不活化)
1回 0~12か月未満 2か月~12か月未満 3回   皮下 B型肝炎母子感染予防対象児に該当する場合は、定期接種ではなく、医療での接種となります。(健康保険適応)
2回 1回目から27日以上あけて行う
3回 1回目から139日以上あけて行う
四種混合
・ジフテリア
・百日せき
・破傷風
・ポリオ
(不活化)
1期初回 3か月以上90か月未満 3か月~12か月 3回 20日以上間隔をあけて3回行う 皮下 標準的な接種間隔20日~56日の間隔をあけて3回行う
1期追加 3か月以上90か月未満 1期初回接種(3回)から後12か月~18か月 1回 1期初回接種(3回)終了後、6か月以上の間隔をあけて行う 標準的な接種間隔1期初回接種(3回)終了後12か月~18か月までの期間
二種混合
・ジフテリア
・破傷風
(不活化)
2期 11歳以上13歳未満 小学6年生 1回      
麻しん風しん混合
(生)
1期 12か月以上24か月未満 12か月~24か月 1回   皮下 ※詳しくは、「麻しん・風しん混合の予防接種」をご確認ください。
2期 いわゆる保育所・幼稚園の年長児 いわゆる保育所・幼稚園の年長児 1回
日本脳炎
(不活化)
1期初回 6か月以上90か月未満 3歳 2回 6日以上間隔をあけて2回行う 皮下 ※詳しくは、「日本脳炎の予防接種」をご確認ください。
1期追加 6か月以上90か月未満 4歳 1回 1期初回接種(2回)終了後、6か月以上間隔をあけて行う
2期 9歳以上13歳未満 小学校4年生 1回  
BCG
(生)
0か月~12か月未満 5か月~8か月 1回   経皮  
ヒブ
(不活化)
初回 2か月~60か月 2か月~7か月 (*1) 27日(医師が必要と認めた場合には20日)以上間隔をあけて行う 皮下 (*1) 接種開始年齢によって回数が異なる
※詳しくは、「ヒブ・肺炎球菌の予防接種」をご確認ください。
追加   初回接種後7か月以上間隔をあけて行う
肺炎球菌
(不活化)
初回 2か月~60か月 2か月~7か月 (*2) 27日以上間隔をあけて行い、生後12か月までに完了する 皮下 (*2) 接種開始年齢によって回数が異なる
※詳しくは、「ヒブ・肺炎球菌の予防接種」をご確認ください。
追加 12か月~15か月 生後12か月以降に、初回接種後60日以上間隔をあけて行う
水痘(みずぼうそう)
(生)
1歳以上3歳未満 1歳~3歳 2回   皮下  
子宮頸がん
(2価サーバリック)
初回 小学6年生、中学1~3年生、高校1年生の年齢の女子 12歳~16歳 3回   筋肉内 ※詳しくは、「子宮頸がんの予防接種」をご確認ください。
2回 1回目接種後1か月~1か月半間隔をあけて行う
3回 1回目接種後5か月~12か月間隔をあけて行う
子宮頸がん
(4価ガーダシル)
初回 3回  
2回 1回目接種後少なくとも1か月以上間隔をあけて行う
3回 2回目接種後少なくとも3か月の間隔をあけて行う

お問い合わせ

忍野村役場 福祉保健課

〒401-0511 山梨県南都留郡忍野村忍草1445-1(保健福祉センター内)

電話0555-84-7795 FAX0555-84-1036