富士山世界遺産の概要 -富士山の構成資産 忍野八海-

2018年4月1日

平成25年6月 第37回世界遺産委員会において、富士山とその構成資産が世界遺産(文化遺産)に登録されました。
登録までの道のりや取り組みについて、詳しくは「富士山世界文化遺産登録への道のり(山梨県)」をご確認ください。

世界文化遺産「富士山」の構成資産

古(いにしえ)より数多くの信仰と芸術を生み出した富士山に関わる文化財には、その山体だけでなく、周囲にある神社や登山道、洞穴、樹型、湖沼などがあります。これらの文化財は、富士山の価値を構成する資産(構成資産/構成要素)として現在まで受け継がれてきました。
構成資産について、詳しくは「「富士山」の構成資産紹介(山梨県)」をご確認ください。

富士山構成資産 忍野八海について

富士山の構成資産として、忍野八海の八つの湧水池が含まれています。
詳しくは観光サイトの「富士山構成資産 忍野八海」をご確認ください。

関連リンク

お問い合わせ

忍野村 教育委員会

〒401-0592 山梨県南都留郡忍野村忍草1514(忍野村役場別館)

電話0555-84-2042 FAX0555-84-4140