猫の飼いかた

2019年4月1日

最近、猫に対する苦情が増えています。猫の飼いかたについて考えてみましょう。

動物を飼うことは、動物の命を預かることです。
人と動物が共生する社会の実現のためには、飼い主のモラルとマナーが必要です。

猫の飼養三原則

  • 感染症や事故防止のため、また近隣への糞尿などで迷惑をかけないよう室内で飼いましょう。
  • 不妊・去勢手術をしましょう。
  • 首輪・迷子札を付け、所有者明示をしましょう。

飼い主のいない猫に餌をあげているかたへ

飼い主のいない猫に餌をあげているだけでは、猫が増えてしまい、周辺環境を汚したり、近隣住民への迷惑になったりします。
次のことに注意してください。

  • 置き餌はやめましょう。
  • 糞尿の処理をしましょう。
  • 去勢・不妊手術をしましょう。

地域の理解を得られるよう努力しましょう。

また、山梨県では猫の適正飼育ガイドラインを作成しております。

飼い猫が行方不明になったとき

飼い猫がいなくなったら、忍野村役場環境水道課までご連絡ください。詳しい特徴などを聞いて情報があれば飼い主までご連絡します。
また、保健所にもご連絡ください。

連絡先

富士・東部保健事務所 0555-24-9033

 

お問い合わせ

忍野村役場 環境水道課

〒401-0592 山梨県南都留郡忍野村忍草1514(忍野村役場別館)

電話0555-84-7781 FAX0555-84-7805