山林をお持ちのかたへ

2017年4月1日

山梨県では、次の世代へ健全な森林を引き継ぐため「森林環境保全推進(支援)事業」を実施しています。
この事業では、森林環境税と国の補助金を財源に、所有者の費用負担無しで森林の手入れができます。(県で定めた経費以内で実施した場合)

事業の内容

  1. 木が混み合った不健全なスギ・ヒノキ・アカマツ・カラマツなどの人工林での間伐
  2. 集落に近い所のヤブ化した雑木林の刈り払い整理
  3. 植えたけれど木が育たない所や植栽できずに困っている山林での広葉樹の植え付けとその後の育林作業

事業実施に伴い生じる制約

事業により20~30年間は、森林以外に転用したり、木を一度に全部伐ることができなくなります。
このため、所有者、事業者(森林組合など)、県の三者で協定を結ぶことになります。

条件によっては事業が実施できない場所がありますので、詳細は次のいずれかに直接お問い合わせください。

  • 忍野村役場観光産業課(0555-84-7794)
  • 富士北麓森林組合(0555-72-2300)
  • 富士・東部林務環境事務所(0554-45-7813)

お問い合わせ

忍野村役場 観光産業課

〒401-0592 山梨県南都留郡忍野村忍草1514(忍野村役場1階)

電話0555-84-7794 FAX0555-84-3717