開発行為について

2017年4月1日

許可の必要な開発行為

忍野村では、一定以上の面積の土地の宅地開発等に関して許可が必要となります。

3,000平方メートル以上の場合

1,000平方メートル以上3,000平方メートル未満

協議の必要な開発行為

忍野村における宅地開発について必要な事項を定め、無秩序な宅地開発を規制し、開発区域およびその周辺地域における環境の破壊を防止するとともに、宅地開発の適正化および自然と調和した健全な生活環境の保全を図ることを目的とし、下記要件に該当する場合は、協議が必要となります。

  1. 開発区域の面積が1,000平方メートル以上3,000平方メートル未満のもの
  2. 建築計画の建物が4棟以上のもの(店舗、事務所または事業所を含む。)
  3. 一団の区域において、1の開発者による宅地開発が数回行われる場合は、その全ての面積の合計が1,000平方メートル以上3,000平方メートル未満のもの
  4. 複数の開発者が行う一連の宅地開発で、それが共同事業であると認められる場合は、その全ての面積の合計が1,000平方メートル以上3,000平方メートル未満のもの

用語の解説

宅地開発

主として建築物の建築または工作物の建設の用に供する目的で行う一団の土地の区画形質の変更をいう。

開発区域

宅地開発に係る一団の土地の区域をいう。

事業者

宅地開発に係る工事(以下「工事」という。)の請負契約の注文者または請負契約によらないで自ら工事をする者をいう。

不明な点は、忍野村役場建設課へお問い合わせください。

お問い合わせ

忍野村役場 建設課

〒401-0592 山梨県南都留郡忍野村忍草1514(忍野村役場別館)

電話0555-84-7793 FAX0555-84-7805