限度額適用・標準負担額減額認定証について

2018年4月1日

高額な外来診療を受けたとき、医療機関の窓口で「高齢受給者証」や「限度額適用認定証」などを提示すると、1か月の医療機関など窓口での支払いが自己負担限度額までとなります。

国民健康保険被保険者の場合

70歳未満のかた

所得区分医療機関で提示する証
上位所得者 限度額適用認定証(事前申請)
国民健康保険被保険者証
一般 限度額適用認定証(事前申請)
国民健康保険被保険者証
住民税非課税世帯 限度額適用・標準負担額減額認定証(事前申請)
国民健康保険被保険者証

70歳以上75歳未満のかた

所得区分医療機関で提示する証
現役並み所得者 国民健康保険高齢受給者証
国民健康保険被保険者証
一般 国民健康保険高齢受給者証
国民健康保険被保険者証
低所得者II 限度額適用・標準負担額減額認定証(事前申請)
国民健康保険高齢受給者証
国民健康保険被保険者証
低所得者I 限度額適用・標準負担額減額認定証(事前申請)
国民健康保険高齢受給者証
国民健康保険被保険者証

後期高齢者医療被保険者の場合

所得区分医療機関で提示する証
住民税課税世帯 後期高齢者医療被保険者証
住民税非課税世帯 限度額適用・標準負担額減額認定証(事前申請)
後期高齢者医療被保険者証

申請について

「認定証」は事前の申請が必要です。
交付を希望されるかたは、必要なものをそろえて住民課で申請を行ってください。

  • 保険税(料)を滞納していると、交付されない場合があります。

なお、提示がなかった場合、後日高額療養費の支給申請をしていただくと、支払った窓口負担と限度額の差額が支給されます。

詳しくは「高額な外来診療を受けるみなさまへ(厚生労働省)」をご確認ください。

申請に必要なもの

  • 「限度額適用認定証申請書」または「限度額適用・標準負担額減額認定申請書」
  • 「国民健康保険被保険者証」または「後期高齢者医療被保険者証」
  • 世帯主のかたと申請者本人のマイナンバー(12桁の個人番号)
  • 印鑑

有効期限

認定証の有効期限は、申請した月の初日(申請した月に国保に加入したかたは、国保被保険者になった日)から、翌年度の7月末日(申請した月が4月~7月の場合はその年の7月末日)までとなります。

お問い合わせ

忍野村役場 住民課

〒401-0592 山梨県南都留郡忍野村忍草1514(忍野村役場1階)

電話0555-84-7796 FAX0555-84-3717