世界文化遺産景観形成支援事業による修景補助制度

2017年4月1日

忍野村では、世界文化遺産構成資産である「忍野八海」を中心に、適切な保存管理に資する景観形成の取り組みに対して、山梨県の補助(世界文化遺産景観形成支援事業(山梨県))を受け、住民が実施する修景事業などに対し補助制度を設立しました。
村や県が景観向上の度合いが高いと認められる事業に対して、事業費の8割以内(補助限度額320万円)の補助を行います。
補助を受けるためには諸条件や手続きがありますので、活用を検討されるかたは、忍野村役場企画課までお問い合わせください。

補助事業対象地域

下記地図のうち赤線内網掛け部分と新名庄川地区(茂平橋~美術館前仮設橋間)

対象地域

  • 新名庄川地区については河川管理道路より建物全体が確認できる場合とします。

補助期限

平成31年3月31日

修景例

実施前

修景前

実施後

修景後

お問い合わせ

忍野村役場 企画課

〒401-0592 山梨県南都留郡忍野村忍草1514(忍野村役場1階)

電話0555-84-7738 FAX0555-84-3717