介護予防・日常生活支援総合事業

2018年4月1日

忍野村では、平成29年4月から介護予防・日常生活支援総合事業を開始します。
これは、介護保険法の改正によるもので、高齢者の方々の介護予防と日常生活の自立を支援する「総合事業」が新たに創設され、多様なニーズに応じたサービスを提供できるようになりました。

総合事業とは

総合事業は、「介護予防・生活支援サービス事業」と「一般介護予防事業」から構成されます。
総合事業の開始に伴い、これまでよりサービスの選択の幅が広がり、1人ひとりの状況に応じたサービスを利用できます。

介護予防・生活支援サービス事業

対象となるかた

要支援1・2の認定を受けたかたや介護予防基本チェックリストにより生活機能の低下が見られたかた

事業内容

訪問型サービス

訪問型介護相当サービス(身体介護や日常の生活援助)

通所型サービス

通所型介護相当サービス(食事や入浴の提供・日常動作訓練等)

一般介護予防事業

対象となるかた

65歳以上の全てのかた

事業内容

いきいきサロン

身近な場所で気軽に集える交流の場です。仲間づくりや閉じこもり予防など居場所づくりの場として活動します。

運動教室プログラム

運動機能が低下しているおそれがあるかたを対象にした運動教室です。

貯筋会

筋力アップを目的にした運動を集団で行います。

認知症予防事業

タブレット端末を使って行う脳トレの教室です。

利用方法

日常生活で困ったことがあったときは、地域包括支援センターにご相談ください。

現在訪問介護やデイサービスを利用しているかた

利用者の心身や日常生活状況、希望を踏まえ地域包括支援センターなどにより、介護予防ケアマネジメントを実施します。
専門職による支援が必要と判断された場合は引き続き、これまでの訪問介護やデイサービスを利用することができます。

お問い合わせ

地域包括支援センター

電話0555-20-5211 FAX0555-84-1036