公共施設等総合管理計画策定について

2017年4月1日

忍野村では、国が策定した「インフラ長寿命化計画」および、総務省が策定した「公共施設等総合管理計画策定にあたっての指針」に基づき、平成29年3月に「公共施設等総合管理計画」を策定しました。

公共施設等総合管理計画とは

高度成長期の人口増加に伴い全国で多くの公共施設が建設され、忍野村でも昭和50年代以降に様々な公共施設が整備されましたが、老朽化は日々進行しています。
これらの施設が現在どのような使われかたをされ、どのような課題があり、将来いくら更新費用がかかるのかなど、現況把握と将来分析を客観的に行い、子ども達の世代に健全な状態で引き継いでいくために、長期的な視点をもって公共施設などを計画的に管理するための計画です。

今後のスケジュール

今回策定した計画を基本方針とし、今後は施設類型(施設の種類)ごとの具体的な行動計画となる「個別計画」を順次策定していく予定です。
「個別計画」では、今回の「公共施設等総合管理計画」で整理した課題や分析結果を基に、どの施設を・いつまでに・いくらかけて・どのような理由で更新または改修するといった内容を定めていきます。
なお、「公共施設等総合管理計画」の計画期間は平成29年度から平成38年度までの10年間となっていますが、忍野村の上位計画の見直しや社会情勢の変化に応じて、適宜見直しを行うなど柔軟に対応していきます。

計画について、詳細は以下をご確認ください。

お問い合わせ

忍野村役場 総務課

〒401-0592 山梨県南都留郡忍野村忍草1514(忍野村役場1階)

電話0555-84-7791 FAX0555-84-3717