児童虐待について

2018年4月1日

児童虐待は社会全体で解決すべき問題です。

児童虐待の定義

児童虐待は以下の4種類に分類されます。

身体的虐待 殴る、蹴る、叩く、投げ落とす、激しく揺さぶる、やけどを負わせる、溺れさせる、 など
性的虐待 子どもへの性的行為、性的行為を見せる、ポルノグラフィの被写体にする など
ネグレクト 家に閉じ込める、食事を与えない、ひどく不潔にする、自動車の中に放置する、重い病気になっても病院に連れて行かない など
心理的虐待 言葉による脅し、無視、きょうだい間での差別的扱い、子どもの目の前で家族に対して暴力をふるう(ドメスティック・バイオレンス(DV)) など

子どもや保護者のこんなサイン、見落としていませんか。

子どもについて

  • いつも子どもの泣き叫ぶ声や保護者の怒鳴り声がする
  • 不自然な傷や打撲の跡がある
  • 衣類や身体がいつも汚れている
  • 落ち着きがなく乱暴である
  • 表情が乏しい
  • 活気がない
  • 夜遅くまで1人で遊んでいる

保護者について

  • 地域などと交流が少なく孤立している
  • 小さい子どもを家においたまま外出している
  • 子どもの養育に関して拒否的、無関心である
  • 子どもの怪我について不自然な説明をする

乳幼児揺さぶられ症候群

赤ちゃんを激しく揺さぶらないで

赤ちゃんが何をやっても泣き止まないと、イライラしてしまうことは誰にでも起こりえます。
しかし、泣き止まないからといって激しく揺さぶらないでください。赤ちゃんや小さな子どもが激しく揺さぶられると、見た目には分かりにくいですが、頭(脳や網膜)に損傷を受け、重い障害が残ったり、命を落とすこともあります。
どうしても泣き止まない時は、赤ちゃんを安全な場所に寝かせてその場を少しの間でも離れ、まず自分をリラックスさせましょう。

子育てを健やかに育むために「愛の鞭ゼロ作戦」

子育てにおいて、しつけと称して叩いたり怒鳴ったりすることは、子どもの成長の助けにならないばかりか、悪影響を及ぼしてしまう可能性がります。
以下のポイントを心掛けながら、子どもに向き合いましょう。

  1. 子育てに体罰や暴言を使わない
  2. 子どもが親に恐怖を持つとSOSを伝えられない
  3. 爆発寸前のイライラをクールダウン
  4. 親自身がSOSを出そう
  5. 子どもの気持ちと行動を分けて考え、育ちを応援

詳しくは「子育てを健やかに育むために「愛の鞭ゼロ作戦」(厚生労働省)」をご確認ください。

相談窓口

  • 虐待を受けたと思われる子どもがいたら
  • ご自身が出産や子育てに悩んだら
  • 子育てに悩む親がいたら

児童相談所や福祉保健課にご連絡ください。

児童相談所全国共通3桁ダイヤル

189(通話料がかかります。)

  • お住まいの地域の児童相談所に繋がります。(一部のIP電話からはつながりません。)

お問い合わせ

忍野村役場 福祉保健課

〒401-0511 山梨県南都留郡忍野村忍草1445-1(保健福祉センター内)

電話0555-84-7795 FAX0555-84-1036