美しい県土づくり大賞を受賞

平成25年2月1日金曜日、忍野村は忍野八海地区の景観形成の取り組みが評価され、他の模範となる先進的な取り組みなど美しい県土づくりの活動を積極的に行い、顕著な成果を上げた団体として山梨県知事から活動賞を受賞しました。

美しい県土づくり大賞とは、山梨県が世界に誇る自然景観や集落景観をはじめとする美しい県土をさらに磨き上げ、次の世代に継承していく活動などを表彰することで、美しい県土づくりの一層の推進を図るために山梨県が今年度から実施している制度です。
平成23年に忍野村景観計画を策定し、この計画を軸に富士山世界文化遺産の価値基準を目標として国土交通省の街なみ環境整備事業や山梨県の景観形成モデル事業を複合的に利用した官民協働のまちづくりを進めています。現在、忍野八海の歴史をまとめた絵本「忍野八海ものがたり」を作成中であり、先人達の努力や地域の価値を知ることで将来の保全につなげるといったソフト事業も併せて実施しています。

「景観十年、風景百年、風土千年」という言葉もあるように、景観づくりは一朝一夕にできるものではありません。今後も住民の皆さんとの協働による息の長い取り組みが必要です。引き続き忍野の景観作りにご協力をお願いします。

soncho_news_130201.jpg
大会当日に知事と記念撮影

お問い合わせ

忍野村役場 総務課

〒401-0592 山梨県南都留郡忍野村忍草1514(忍野村役場1階)

電話0555-84-7791 FAX0555-84-3717